築年数が古いマンション

一定の期間が経ったらマンション大規模修繕工事をおこないましょう

SITEMAP

マンション大規模修繕工事で見つかる建造物の劣化と注意点

足場が組まれたマンション

建築素材に硬い材料を使用しても、長期間住む為にはマンション大規模修繕工事を10年から12年周期で行う必要があります。
特に鉄筋コンクリート内部の金属部分は、腐食を確認できない事が多く、専門業者へ依頼して特殊な機材での計測が必要です。
さらに建築素材に再度シーリング等の仕上げ材を使用すれば、外気の影響も受けにくくなる為、一つの欠陥が確認できたらマンション大規模修繕工事を専門業者へ依頼する事をお勧めします。
また大家としてマンションを所有している方には、マンション大規模修繕工事の一貫として外壁洗浄と外壁塗装もお勧めです。
ただしマンション大規模修繕工事の施工期間は6ヶ月から1年程度掛かる事もあるので、大家さんは本格的な入居者獲得を来年度にする等の工夫が必要です。
その中でも特に配慮が必要なのが共有部分に行うマンション大規模修繕工事で、エレベーターの使用可能時間等を告知する必要があります。
加えて共有部分に存在する窓はマンション修繕大規模工事の過程で作業員が安全性を確認するので、入居者はカーテンで視界を遮る等の配慮が必要です。
この様にマンション大規模修繕工事には多くの施工が存在するので、複数の専門業者へ依頼して最も安く上質な工事を行ってくれる業者の吟味をお勧めします。

更新記事

間取り図

マンション大規模修繕工事の必要性と周期

築数十年を経過したマンションは、老朽化が進みそこに暮らす住民の生活に大きな影響を与える可能性があることから、国土交通省では築12年でマンション大規模修繕工事を行う事を推奨しております。マンション…

MORE
大きなマンション

マンション大規模修繕工事はどのようなことをするのか

マンションは戸建てに比べて、範囲が広いため費用や期間が多く必要になることがほとんどです。マンション大規模修繕工事は専門業者へ依頼することになりますが、どのようなことをするのでしょうか。…

MORE

ニュース一覧

SITE MAP