築年数が古いマンション

一定の期間が経ったらマンション大規模修繕工事をおこないましょう

SITEMAP

不動産投資においてマンション大規模修繕工事が必要なわけとは

塗装用具

マンションも年数が経つと劣化してきます。見た目で気づく部分と、気づかない部分があるため定期的にマンション大規模修繕工事をすることが必要です。
マンション大規模修繕工事を行うことには理由があります。工事では年数によって劣化した部分を初期段階で修繕します。そのためマンションをベストな状態に保つことが可能になり、建物の寿命を伸ばすことができます。
特にマンションの外壁塗装は大切です。見た目をきれいに保つことにより印象が良くなり、入居者の募集で有利になります。
そして屋上防水をしっかりと修繕することで住環境が良好になります。結果的に入居している人の満足度が高くなり、長く住んでくれることにつながります。
マンション大規模修繕工事の目安は10年から15年です。修繕箇所は外壁や屋上防水の他に排水管、給水管、水道管、ベランダ、玄関ドアなど傷んでいるところになります。
マンションの大きさにもよりますが、期間は1ヶ月から2ヶ月になり数百万の費用がかかってきます。
また、マンション大規模修繕工事は専門業者へ依頼することになります。費用は業者によってかなり変わってくるため、複数の業者から見積りをとって、見積り内容と実績を考慮してから決めることが重要です。
これらのように定期的にマンション大規模修繕工事を行うことで、不動産経営もうまくいくでしょう。

更新記事

間取り図

マンション大規模修繕工事の必要性と周期

築数十年を経過したマンションは、老朽化が進みそこに暮らす住民の生活に大きな影響を与える可能性があることから、国土交通省では築12年でマンション大規模修繕工事を行う事を推奨しております。マンション…

MORE
大きなマンション

マンション大規模修繕工事はどのようなことをするのか

マンションは戸建てに比べて、範囲が広いため費用や期間が多く必要になることがほとんどです。マンション大規模修繕工事は専門業者へ依頼することになりますが、どのようなことをするのでしょうか。…

MORE

ニュース一覧

SITE MAP