築年数が古いマンション

一定の期間が経ったらマンション大規模修繕工事をおこないましょう

SITEMAP

マンション大規模修繕工事の必要性と周期

間取り図

築数十年を経過したマンションは、老朽化が進みそこに暮らす住民の生活に大きな影響を与える可能性があることから、国土交通省では築12年でマンション大規模修繕工事を行う事を推奨しております。マンション大規模修繕工事を行う事は、住民の安全を確保すると共に、経年劣化による外壁や屋根等の剥がれや水漏れの防止、マンションの外部に設置されている手すりやフェンス等の錆による外観の悪化や破損の改修、更に目で見る事の出来ない給水管や排水管痛みや水漏れ防止等を改善する事が出来ます。この事から、マンション大規模修繕工事を行わずにいた場合、マンションその物の資産価値を下げてしまい、そこに暮らす住民が他へ引っ越してしまう等、マンション経営にも影響を与えてしまう事が考えられる為、定期的なマンション大規模修繕工事は欠かす事が出来ません。これらの修繕工事を行う周期の目安としては、屋根の塗装や補修は11年から15年、屋根の防水工事は20年から25年、階段や廊下等の手すりの錆等の改修は5年から10年、マンションの外壁塗装は10年から18年、給水管や排水管の修繕は5年等の周期を目安に行う事が望ましいとされています。これらのマンション大規模修繕工事は、専門業者へ依頼しマンションの定期診断や修繕工事を行う事で、安全なマンションで暮らす事が出来ます。

更新記事

間取り図

マンション大規模修繕工事の必要性と周期

築数十年を経過したマンションは、老朽化が進みそこに暮らす住民の生活に大きな影響を与える可能性があることから、国土交通省では築12年でマンション大規模修繕工事を行う事を推奨しております。マンション…

MORE
大きなマンション

マンション大規模修繕工事はどのようなことをするのか

マンションは戸建てに比べて、範囲が広いため費用や期間が多く必要になることがほとんどです。マンション大規模修繕工事は専門業者へ依頼することになりますが、どのようなことをするのでしょうか。…

MORE

ニュース一覧

SITE MAP